岐阜県:初午だんご(はつうまだんご)

【岐阜県】

 蚕が食べる桑の葉の準備が始まる前、2月の初午(はつうま)の日に、繭が上質で多く生産できるように願いを込め、神様に繭の形をした団子「初午だんご」をお供えし、食した。

レシピ提供元名 : 岐阜県学校栄養士会

材料 4人分

材料名分量
米の粉60g
きな粉16g
さとう12g
0.8g

調理する前にご確認ください

作り方

① 米の粉に熱湯を加えよく捏ね、耳たぶくらいのやわらかさになったら、まるめて繭の形のダンゴを作る。

② きな粉とさとうと塩をよくまぜておく。

③ ①のだんごをゆでて②をまぶす。

飲食方法

 蒸し上がった初午だんごは、きな粉をまぶしたり、焼いて醤油をつけたり、すまし汁やみそ汁、ぜんざいなどに入れて食べるなど地域によって食し方もそれぞれにあり。

保存・継承の取組

 今でもその素朴な味わいが愛され、家庭や、学校給食のメニューとしても提供され、人々に親しまれている。

出典:農林水産省Webサイト うちの郷土料理【初午だんご

0 0 votes
レシピの評価
レシピの評価
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
pagetop
レシピ検索 きょうのたべいろプレミアム
タイトルとURLをコピーしました