しらすなどの活用レシピ

しらす・じゃこ・ししゃも・きびなごなどを使用したレシピをまとめて見たよ〜★
※しらす・じゃこ・ししゃも・きびなご以外の食材と複合しているレシピもございます。

たべくん
たべくん

冷蔵庫に【しらす・じゃこ・ししゃも・きびなごなどがあったら、ぜひチャレンジしてみよう♩

神奈川県

神奈川県:生しらす丼(なましらすどん)

【神奈川県】  漁期は3月11日~12月31日の約10カ月間。しらすはほぼ通年獲れるが、イワシ類の産卵がピークとなる春と秋に、しらす漁は最盛期を迎える。  小ぶりながらぷりぷり
岡山県

岡山県:いしもちじゃこの唐揚げ(いしもちじゃこのからあげ)

【岡山県】  いしもちじゃこは、春から夏にかけて瀬戸内海でとれる小魚。 ネブトと呼ぶ地域もあり、標準和名はテンジクダイという。 レシピ提供元名:備中県民局農林水産事
島根県

島根県:白魚のかき揚げ(しらうおのかきあげ)

【島根県】  うどんや天丼の定番種物として地元の飲食店でも親しまれているのが「白魚のかき揚げ」。 かき揚げのふわっとした食感と、白魚を揚げることによって増す旨味を楽しむことができる。
鹿児島県

鹿児島県:きびなごの刺身(きびなごのさしみ)

【鹿児島県】  キビナゴは年間を通じて水揚げされるため、いつでも食べられる。 春先は産卵の時期のため、子持ちのキビナゴが水揚げされ、秋は産卵期ではないため身に脂がのって身がしまるとい
高知県

高知県:きびなごのほおかぶり

【高知県】  高知県では通年とれるが、産卵期を迎えた4月から6月がよく肥えて美味だとされる。  昔は日常的に食べられていた。近年でも通年食べられるが、家庭でつくる機会は減ってき
高知県

高知県:こうし飯(こうしめし)

【高知県】  「こうし飯」は、冬に旬をむかえるめのりを使い、年越しの時期に食べられる。 大月町では「こうし飯」が年越しの定番だったため、ひと昔前までは年越しそばを食べる習慣がほとんど
徳島県

徳島県:いり飯/いりこ飯(いりめし/いりこめし)

【徳島県】  お酢や醤油で味付けしたちりめんを、ちくわやしいたけ、こんにゃく、ごぼうなどの具材とともにご飯に混ぜ合わせて作る「いり飯」。 「いりこ飯」と呼ばれることもあり、
今日の献立がすぐに決まる!献立メニュー

おうちde献立メニュー【カツオのたたきメニュー】

【献立おしながき】 ◯カツオのたたき◯くじらの唐揚げ◯カツオと胡瓜の胡麻味噌あえ◯だし巻き卵◯ミニしらす丼◯大根とわかめの味噌汁 レシピ:岡田果歩 材料 2
今日の献立がすぐに決まる!献立メニュー

おうちde献立メニュー【だし茶漬けメニュー】

【献立おしながき】 ◯焼きおにぎりだし茶漬け◯カツオのたたき◯豆乳豚汁◯オクラのおひたし◯昆布の佃煮 レシピ:岡田果歩 材料 1人分 ■調理時間:約
兵庫県

兵庫県:イカナゴのくぎ煮(いかなごのくぎに)

【兵庫県】  「イカナゴのくぎ煮」は生のイカナゴの稚魚を醤油、砂糖、ショウガなどで甘辛く煮た佃煮で、瀬戸内海沿岸地域で古くから作られている郷土料理。 煮上がった姿がさびたく
春のたべいろ(2〜3月)

和歌山県:しらす丼

【和歌山県】  釜揚げシラスは一年中店頭に並ぶが、3月下旬から春先にかけてとれるシラスは旬ならではの味を楽しめる。 レシピ提供元名:和歌山県JA女性組織連絡会
京都府

京都府:山椒の葉の佃煮(さんしょうのはのつくだに)

【京都府】  「山椒の葉の佃煮」は、山椒の葉が出回る4月ごろにつくられ、食卓に並ぶ。 レシピ提供元名:「京ごちそうさまお母さんの味」(京都府生活研究グループ連絡協議
pagetop
レシピ検索 きょうのたべいろプレミアム
タイトルとURLをコピーしました